猫の健康に良いエサの条件

猫のエサに良い条件とは

無添加


猫の健康にとって良いエサの条件として、人間が食べることができない粗悪な原材料が使用されていないことのほかには、無添加であることが挙げられます。無添加というのは、添加物が入っていないことを示す言葉です。ただ、添加物であれば何でも入っていてはいけないということではなく、猫の体に有害な添加物が入っていてはいけないということです。

たとえば、猫のエサを購入するにあたり、酸化防止剤が入っている商品は避けましょうという情報が多く出まわっています。たしかに酸化防止剤のなかにはBHAやBHT、没食子酸プロピルのような、猫の健康にとって悪影響をおよぼす種類のものもあります。ただし、酸化防止剤としては緑茶抽出物やローズマリーといった具合に、自然由来のものが使用されている商品もあります。このような種類の酸化防止剤であれば、含まれていても心配不要です。

また、着色料や香料は入っていないに越したことはありません。もともとおいしいものであれば、配合する必要がないもののはずです。品質が悪い素材を使用し、おいしくない、食欲をそそられないということで、香りや色を後付けしていると考えることができます。すべての商品がそうというわけではありませんが、安価な商品の場合はこのような理由で配合されていることが少なくないということを忘れてはいけません。