猫の健康に良いエサの条件

猫のエサに良い条件とは

穀物不使用


飼い猫の健康管理に役立つキャットフードの条件のひとつに、グレインフリーフードであることが挙げられます。グレインフリーフードというのは、穀物が使用されていないキャットフードのことを言います。猫は本来は肉食動物であり、消化器官は穀物を消化できる構造になっていません。穀物を摂るたびに内臓には多大な負担がかかり、消化不良で下痢や便秘になり、小麦やトウモロコシなどで食物アレルギーを起こす、肥満や糖尿病のリスクが高まるなどの問題を招く原因になります。このような種々の問題がありながら、穀物主体のキャットフードは意外にも多いです。

また、猫にとって重要な栄養は肉や魚などに含まれている動物性タンパク質ですが、グレインフリーであっても植物性タンパク質が主体になっていないか確かめましょう。穀類ではなく芋、豆などが使用されている場合、炭水化物が含まれていて、飼い猫に与えた場合には先述したような問題を起こすリスクが出てきてしまいます。

なお、穀類すべてが悪いわけではありません。たとえばタンパク質主体のキャットフードで、米が使用されているものの場合は、多く含まれている食物繊維が、猫の体の中にたまった毛玉を除去してくれるという役割があります。

推奨リンク⇒http://www.symplycatfood.jp/cart
穀物が使用されていないキャットフード≪Symply≫です。