猫の健康に良いエサの条件

猫のエサに良い条件とは

穀物不使用


飼い猫の健康管理に役立つキャットフードの条件のひとつに、グレインフリーフードであることが挙げられます。グレインフリーフードというのは、穀物が使用されていないキャットフードのことを言います。猫は本来は肉食動物であり、消化器官は穀物を消化できる構造になっていません。穀物を摂るたびに内臓には多大な負担がかかり、消化不良で下痢や便秘になり、小麦やトウモロコシなどで食物アレルギーを起こす、肥満や糖尿病のリスクが高まるなどの問題を招く原因になります。このような種々の問題がありながら、穀物主体のキャットフードは意外にも多いです。

また、猫にとって重要な栄養は肉や魚などに含まれている動物性タンパク質ですが、グレインフリーであっても植物性タンパク質が主体になっていないか確かめましょう。穀類ではなく芋、豆などが使用されている場合、炭水化物が含まれていて、飼い猫に与えた場合には先述したような問題を起こすリスクが出てきてしまいます。

なお、穀類すべてが悪いわけではありません。たとえばタンパク質主体のキャットフードで、米が使用されているものの場合は、多く含まれている食物繊維が、猫の体の中にたまった毛玉を除去してくれるという役割があります。

推奨リンク⇒http://www.symplycatfood.jp/cart
穀物が使用されていないキャットフード≪Symply≫です。


無添加


猫の健康にとって良いエサの条件として、人間が食べることができない粗悪な原材料が使用されていないことのほかには、無添加であることが挙げられます。無添加というのは、添加物が入っていないことを示す言葉です。ただ、添加物であれば何でも入っていてはいけないということではなく、猫の体に有害な添加物が入っていてはいけないということです。

たとえば、猫のエサを購入するにあたり、酸化防止剤が入っている商品は避けましょうという情報が多く出まわっています。たしかに酸化防止剤のなかにはBHAやBHT、没食子酸プロピルのような、猫の健康にとって悪影響をおよぼす種類のものもあります。ただし、酸化防止剤としては緑茶抽出物やローズマリーといった具合に、自然由来のものが使用されている商品もあります。このような種類の酸化防止剤であれば、含まれていても心配不要です。

また、着色料や香料は入っていないに越したことはありません。もともとおいしいものであれば、配合する必要がないもののはずです。品質が悪い素材を使用し、おいしくない、食欲をそそられないということで、香りや色を後付けしていると考えることができます。すべての商品がそうというわけではありませんが、安価な商品の場合はこのような理由で配合されていることが少なくないということを忘れてはいけません。


安価な猫のエサの安全性


家庭で飼育している猫のエサは、ただ単に猫のお腹を満たすためのものではありません。猫の健康を維持し、長生きするという重要な役割を担っています。安価なエサをあげている人も少なくないでしょうが、お腹を満たすことはできたとしても、猫の健康を害してしまう心配があります。どういうことかと言いますと、安価なエサには粗悪な素材が使用されていることがあります。たとえば、死んで長い時間が経過し、傷んだ状態で加工された動物の肉、病気や障害を抱えていた動物の肉、薬によって殺処分された動物の肉などが入っていることがあるのです。

また、本来であれば廃棄されるべきである骨、内臓、羽根、皮、毛、くちばし、角、ひづめ、血液、便、尿など、肉以外の部分まで使用されていることもあります。さらにこうしたものを使用して品質が悪いのをカバーするために、防腐剤などの添加物が大量に使用されていることもあるのです。とても人が食べられるようなものではありませんし、猫にとっても良くないというのは想像に難くないでしょう。しかし、安価で粗悪なエサというのは、見分けるのが困難なのが厄介なところです。キャットフード全体に使用された成分表や添加物は表示しなければいけない決まりになっているものの、加工で使われた添加物に関してはこのような義務がないためです。

安価なエサで家計を節約しても、猫が粗悪なエサで病気をすれば、高額な医療費がかかります。多少高くても、良質なエサを与えていたほうが結果的に安上がりになると考えることができます。このサイトでは健康によいエサがどういうものなのかをまとめていますので、参考にしてみてください。